■女性からの返信がないときは

出会い系にせっかく会員登録したのに全く返事が来ないという悩みを抱えている男性は非常に多いです。

出会いを主として出会い系サイトに登録したはずなのに、なぜこんなに男性の情熱と女性の熱意の間に差が開いてしまうのでしょうか。

実は女性は出会い系サイトの中では男性に返事をしたくてもできないという状況に置かれているのです。

その実情を知らずに女性にメッセージを送ってもほとんど返信してもらえず、イライラがたまる一方です。

ここでは、女性が男性に返信できない理由と、返信してもらいやすくなるコツを徹底的に解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるのでプロフィールの画像を外しても、アクティブ女性覧にログインした女性がのるのですが、そこから男性からメッセージが送られてくるそうです。

出会い系サイトでは完全に女性が売り手市場になっています。

もしあなたが女性だったとして毎日50通以上もメールが届いたら、仕事終わりで付かれているのに返信しようと思うでしょうか。

一通当たりのメールを数分で終わらせたとしても2時間以上かかるのですが、これを好きでもない初対面の男性相手にやるでしょうか。

私が女性だったらそんな無駄な労力を使わずに、自分のタイプの人をみつけて自分の情熱をアピールすると思います。

これが記事の冒頭で記述した女性が男性になぜ返信できないのかと言うことです。

女性が男性から送られてくるメールの多さに返信させる気力も時間もなくさせてしまっているということです。

なので、出会い系において女性から返信してもらえる確率を上げるには、まずは女性の目にとまる必要があります。

■返信率の高いファーストメールとは

出会い系サイトにおける女性の置かれた状況を考えれば、何通も雑なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう書き方をすれば、返信率を上げることができるのでしょうか。

●自己紹介する

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

相手に好印象を抱いてもらうコツとしては自分の名前を本名で伝えると言うことでしょうか。

本名を漢字で伝えることにより、相手に好印象を持ってもらうのと同時に信用もしてもらえます。

さらに、女性と仲を深めていくときに、お互いの名前を呼び合ったり、ため口でしゃべり合ったりすることによりよりいっそう仲良くなれると思います。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●なぜその人にメールをしたのか

出会い系サイトを始めて間もない人は、よく初めてメールを送るときに、プロフィールで気が合いそうだと思いました!なんて簡潔な文章を送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的に何が気になって、自分の中の何に共鳴したのかをきちんと書いて相手に伝えれば、他の人にはない具体的なことを書いてもらっているので、相手の印象に残ることができます。

まずは相手のプロフィール項目をなめまわすようにみて、話のネタを考えましょう。

具体的に何が気になったのかを話題にするときは、趣味などの情報を拾うと、話題にしやすいのですが、相手の心に響くには、もっとクリエイティブな話題を拾うようにすれば、他のライバルを出し抜くことができます。

なので、ここでは相手の心に響きそうな情報を拾って、それを話題にすることにより、相手の印象に残るようにしましょう。

もしプロフィールなどから、相手の心に響くようなネタを拾うことができなかったら、画像などからもひらめきを得ることができます。

肌がきめ細かいだとか、ファッションセンスが洗練されているとか、そういった普段いえないようなことをいってあげれば喜んでもらえますし、相手の印象にも残りやすくなります。

もしも自己紹介やプロフィール項目などから、ファーストメールのネタが拾えなかったら、私がよく使っているテクニックとして、びびっときました!なんてのもありです。

●最後の一行が返信率を上げる

皆さん適当に書いてしまっているのが最初のメールの最後の一行です。

メールしましょう!まってます!なんてのは他の人もかいているので、他の人のメールの中に埋もれてしまってあまり相手の目にとまらずに返信してもらえる可能性が低くなってしまうでしょう。

なぜなら、こういった適当な言い回しで最後の一行を占めると、女性側の心に響かずに返信しようという気にならないからです。

女性側からしたら、メールはとくに目にとまるものもないし、でもなんか適当な文章だし、とくに自分の時間を割いてまで返信しようという気にはなりません。

また、人間というのは基本的に他人はあまり関心がなく、自分にどれだけ興味を持ってもらえるかということに興味があります。

つまり、丁寧なこりにこった文章を送ることにより、相手に、自分の熱意が伝わって返信してもらいやすくなると言うことです。

こういった感じで相手の心を揺さぶることにより、ファーストメールの返信率を格段に高めることができます。

●ファーストメールは簡潔に書く

出会い系のコツなどの記事で、ファーストメールは文字数をなるべく多く書くということを書いている人がいます。

長文メールに返信してくれるということは出会いやすい女性と言うことですから、フィルターの役割にはなりますが、そもそもたくさんの女性に送らなければならないので効率が悪いテクニックだといえるでしょう。

そもそも長文メールに返信してくれるよりも、第一印象で引かれてしまう可能性も高くなります。

それにたくさんの女性にメールを送るときに全員にこれだけの長文のメールを送っていたら、時間がいくら合っても足りません。

そういうことも考えて、ファーストメールの文章は10行程度に抑えておくのが大切です。

■メールのテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系でのメールのやりとりでは、以下のようなコツがあります。

どれもこれも言われてみれば当然のようなことを書いていますが、その当然のようなことを普通に実践できる人が出会いの確立をアップできる人です。

なので、当サイトの記事を使って、ライバルたちを出し抜いて出会いまくっちゃいましょう。

●丁寧な言葉遣いをする

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

社会常識的な礼儀すらままならないような人は、バカだと思われてしまうので、印象が悪くなってしまいます。

なので、少なくともお互いの距離感が縮まるまでは、丁寧で親しみの持てる言葉遣いを心がけるようにしましょう。そうすることにより、相手に尊敬してもらいやすくなります。

●貼り付けはしない

ファーストメールから一貫して守ってもらいたいのが、コピペメールは送らないと言うことです。

誰にでも当てはまるような文章をあらかじめ作ってそれをコピペしてたくさんの相手に送っても文章からありきたりな文章でばれてしまいます。

自分に向けた情熱みたいなものが感じられないので、直感でわかるのです。

少しでもコピペメールだと思われたらその女性から返信が来る可能性は少ないでしょう。

せっかくメールの文章を打ち込むのならきちんと相手の心に響いて返事がもらえるようなメールを送りましょう。

●相手の名前を書く

相手の名前を呼ぶことで相手はこちらに親しみを感じてくれるようになります。最初の数通は一回は必ず相手の名前を書くようにしましょう。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●質問をする

出会い系サイトに限った話ではありませんが、相手に気持ちよく話してもらうにはこちらからうまく質問をする必要があります。

そのためにも相手の興味がありそうな質問をたくさんしていくのですが、この質問を考えるのが意外と難しいのです。

以下の質問はだめなれいです。○○さんはフレンチ好きですか?

こちらの想定でいえば、この質問のあとに相手からパスタが好きです、という答えを引き出して今度いきましょうという流れを想定していると思います。

この会話の流れって機械的で感情がこもっていないのであまり面白くないですよね。

女性側からしたら、こういったトークパターンは何十回もされているので、何のおもしろみもないのです。

いい質問文というのは自分の体験談を織り交ぜながら相手に質問をすることにより、イメージがわきやすいので、相手も興味をもってくれるのです。

●文字数を一定にする

二通目以降のメールはメールの文字数や送信間隔は相手の様子を見ながら合わせていくと、共感をもってもらいやすく、好意を抱いてもらいやすいです。

例えば、相手が2,3行のメールだったら、自分も2,3行くらいのメールの文章量で返信することがテクニックです。

他にも相手の返信スピードに合わせるというテクニックもあります。相手と同じくらいの返信スピードで返信することにより、一体感が生まれます。

ですが、デメリットとして相手に合わせすぎるとわざと感がでてしまうので、注意が必要です。

●楽しいときにあえて中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

これはなぜか、それは楽しさのピークが過ぎてしまったので、次のメールをやり始めるときのモチベーションが下がってしまうからです。

誰でも最初のやりとりはすごく楽しくて新鮮なものですが、あまりやりとりをやりすぎてしまうと、話す内容もなくなってきて、飽きてきてしまいます。

マンネリ化を避けるためには、お互いが楽しいと感じているときにあえてメールを途切れるようにしましょう。

明日仕事で朝早いからとかもっともな理由を付けておけば、簡単にメールを中断することができます。

●直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がメールの一通当たりに対してお金がかかっていることを知っているので、個人的なアドレスでやりとりしてくれやすいでしょう。

なので、この人とだったら仲を深めてもいいと思ってくれたら、直アドの交換もしてくれるでしょう。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性からしたらインターネットを介した顔の見えない相手とのやりとりは常に不安を感じているものです。

段々仲良くなれたら仲良くなりたいけど、すぐに会いたいすぐにあってくれなんていってくる男は下心しか見えないので不信感を抱かれてしまいます。

なので、焦らずに少しずつ女性との距離感を縮めていくことが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

さらに、そこから返信率がよかった女性に積極的に返信することにより、さらに返信率を上げることができると思います。

●女子大学生

女性大学生と主婦は返信率が高いのですが、それは以下にの理由によるものです。

女子大生の場合はこれは単純に若いからと言う理由で好奇心の強さや、まだ人生経験があまりないのでいろいろ経験してみたいと思っているからです。

また、若い人は嫌な人間だと思われたくないと思っているので、30代の大人などと比べて返信率に如実な結果として表れるのです。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、旦那をもったり家庭に入ってしまうと、女性としてみられる機会が極端に減ってしまうので、すこしでも異性としてみてくれる男性に出会うととても嬉しいのでしょうね。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●夜遅くにログインしている女性

朝8時くらいに起きて出社して仕事から返ってくるのが夜7時くらいだとすると、21時以降というのは、個人的な暇な時間帯です。

好きな映画を見たり、録画しておいたバラエティ番組を見たり、ゲームをしたり、個人の自由な時間を楽しむ時間帯です。

そんな仕事がせっかく終わって一日の最も大切な時間だといえる余暇の時間帯に、出会い系サイトにログインしている女性というのはどういう存在でしょうか。

もちろんそれぞれ個人的な理由があると思いますがが、唯一共通しているのは、真剣な出会いにしても、エッチな出会いを求めているにしても、男性との交流を求めている女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣な出会いを探し求めている女性に、しっかりとした文面のメールを送れば高い確率で返信してくれると思いませんか。

また人間としての本能として、夜の行動は本能的なものになるという心理学的なノウハウがあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

以上のような理由から夜21時以降は、まさに男女のゴールデンタイムといっても過言ではないでしょう。

●共通点を探す

付いている職業が同じ業種だったり、出身地が同じだったりすると相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、それは出会い系のやりとりでも重要なテクニックなので、あなたと女性との間に共通点を見つけたら、このテクニックを使うチャンスです。

●相手を思い通りに操るテクニック

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、もしそれが簡単なテクニックで誰にでも実現できるとしたら、あなたはそのテクニックをすぐにマスターできると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツとしては、返しのパターンを準備しておくことが大切です。

例えばメールの中で相手の名前を聞いたときに、相手がすぐに教えてくれるときと、不信感を抱いて教えてくれないときがあります。

このとき教えてくれなかったからといって、もたもたしてしまった返信をしてしまうと、相手に不信感を抱かれしまいかねません。

ですが、相手がどういう返信をしてくるかをすべて想定しておくことにより、どんな返事が返ってきても優雅に返信することができます。

そうすることにより、相手からどんな内容が返信されてきたとしても、もう返事の形を用意しているのですから、自分がもっていきたいポイントまでもっていって、会話の流れを導くことができます。

実はこの手法は営業マンなどはよく使っている手法で、誰にでもすぐにマスターできます。

●情熱が大切

以上のような内容はどうでしたでしょうか。出会いのいろいろなテクニックを身につけることができたと思います

ただ、ここまでいろいろなテクニックを紹介してきてなんですが、純粋に相手を思う気持ちがあれば自然と伝わって返信してもらえるようになります。

なぜかというと、女性とのやりとりというのは、型にはめてパターン化してどうにかしようとしてうまくいくものではないからです。

自分でもよくわからないのですが、どうしても相手とつながりたいという思いがあれば、相手からの返事もいいものになります。

ある程度やりとりが進んで、個人アドレスでやりとりをするようになったときは、自分よがりなメールにしないことです。

直アドをゲットしたからといって自信過剰にならず、出会いまで、謙虚な態度を心がけることが大切です。

返信率が高くなる文章や、好意を抱いてもらえる文章というのは確かに存在しますが、人間性という一番肝心な部分をおろそかにしないようにしましょう。

出会い系でいろいろなテクニックよりも、本心からでてくる相手のことが好きという気持ちが何よりも大切です。

本心から出てくる相手のことを好きという気持ちだからこそ、相手に本当にあったときに楽しいひとときを過ごせると思います。